忍者ブログ

ueda用保管庫

Home > グッズ・同人誌制作

初めて同人誌を作る前にやっておきたいこと

原稿作り始める前

印刷所に資料請求をする

特に紙や印刷の質は写真だと細かい所がぼやけてたりするので実物を実際に見ないとわかりづらい。
個人的にお勧めは無料で貰えて数が多くて細かい所まで説明が丁寧な栄光の資料。

同人誌のサイズを決める

作る本のサイズによって原稿のサイズも違うため最初に決めた方が良いです。
原稿のテンプレートはだいたい印刷所で配布されています。

  • B5…漫画同人誌では一般的なサイズ 特にこだわりがなければこちら
  • A5…小さめな漫画同人誌、大きめな小説同人誌のサイズ 
  • A6…文庫サイズ 小説同人誌によく使われる
印刷所によって本のサイズが小さいほど印刷代が安くなる所とあまり変わらない所があります。

同人誌のページ数を決める

印刷所によっては4の倍数、8の倍数のページ数じゃないと受け付けてない所もある。
ページ数が合わなかった場合簡単なオマケページを入れて残りのページを埋める手もある。

20P以上じゃないと受け付けてない所もある。
中綴じ製本で安く作りたい場合ページ数が多くなりすぎないよう注意(印刷所によるがだいたい32~40Pまで)

同人誌印刷用語を覚える

ある程度は覚えておかないと、印刷所で発注する時訳がわからなくなる
  • オフセット印刷…単価が安く印刷も綺麗だけど最低部数が多い(印刷所にもよるが100冊以上など)
  • オンデマンド印刷…小部数印刷できるが、カラー印刷の質がオフセットより悪くベタ部分がテカったりしやすい 単価も高めになる
  • 中綴じ…紙を重ねて中央をホッチキスで留めて作る簡易的な製本(コピー本もこれ) 価格が安いが最大32~40Pぐらいまでしか対応してない ページ数は4の倍数にする必要がある
  • 無線綴じ(くるみ製本)…背表紙が存在する製本 ページ数の多い本はこちらしか選べない 本を開いた時中央(ノド)の部分が埋まる
  • PP加工(ラミネート加工)…表紙にこの加工を入れると丈夫になり傷や水に強くなる 光沢があるクリアと光沢のないマットの二種類 このオプションを入れると価格が高くなってしまうがポプルスみたいに通常価格内に入ってる印刷所もある
この辺は最低限覚えておいたほうがいい。

小部数しか作らない場合、小部数でも単価の安い印刷所を探す

よく同人系サイトでお勧めされているような印刷所は100部200部も印刷するような人じゃないと単価が高すぎて参考にならない。
10~30部ぐらいしか作らない人には印刷所の選択肢が少ない。
上記サイトにない印刷所で安めなオンデマンド印刷所は以下
自分用に1冊だけ作りたい人はこちら。 最近できたネット専門印刷所は面倒な早割や同人イベント併せや期間限定キャンペーンがない所が多く、web入稿が楽な所が多い。

漫画を描くソフトを持ってない人はメディバンペイントを検討してみる(※無料)

無くても一応描けるけど人によっては便利。
コマ割りやトーンが簡単に描ける。ベタ塗りした絵を自動的にドットトーン化することもできる。CMYKにも対応している。
普段使っているペイントツールと併用する手もある(私はコマ割りだけメディバンで作ってそれをSAI2にもってきて漫画を描いてた)
スマホ版も存在する。

原稿作り終わった後

印刷所に依頼する前にコピー本を作ってみる

実際に本にして初めて気づくことが多い。
自宅にプリンターがなくてもUSBメモリ等でデータを持ち込めばコンビニで印刷できる。
特にセブンイレブンの小冊子印刷が便利。全ページ白黒なら安い。
セブンイレブンの小冊子でA5の本を作る場合、A5サイズで原稿を作ってA4の小冊子印刷を選択する。ページ数が4の倍数じゃなくても最後に空白ページが挿入される以外特に問題ない。
自動的に周辺に白い縁取りが作られ、原稿が少し小さく印刷されるので注意(小冊子印刷は今の所実寸印刷不可)

オンデマンド(POD)販売で本を1冊売る時の価格を調べてみた

本が購入されるたび本を印刷する受注生産システム。

製本直送.com どこでも出版

  • 初期費用・月額利用料 … 無料
  • 本1冊の価格 … 240円+送料216円=456円 +作者の任意価格(70円ぐらい手数料が引かれる)
  • 利用料金 … 決済金額の15%

送料も作者が自分で設定できる。複数の本のセット販売もできる。
紙の種類がいくつか選べる。上記は中綴じの価格で無線綴じにすると80円ぐらいアップする。サイズを小さくすると更に安い。
システムの仕様上、同じ製本直送で販売されている他の本と送料が別になる。

カラー印刷の品質はあまり良くないらしいので小説や白黒漫画向けかもしれない。

pixivFACTORY BOOKS (BOOTHと連携)

  • 初期費用・月額利用料 … 無料
  • 本1冊の価格(ピクシブプラン) … 1,100 円+送料180円=1,280円 +作者の任意価格(46円ぐらい手数料が引かれる)
  • 本1冊の価格(ピクシブバリュープラン) … 560円+送料180円=740円 +作者の任意価格(27円ぐらい手数料が引かれる)
  • 決済手数料 … 3.6%

本に限らず様々なグッズがオンデマンド販売可能。
pixivFACTORY全体に言えるけど価格は高め。
バリュープランは安いけど印刷の質が低いらしい。
紙の種類がいくつか選べる。
送料は2冊以上の場合756円。発送はBOOTH内の別なショップ(作者)の本とまとめる事はできないのでショップごとに送料がかかる(多分)

ライブラ - 在庫を持たない同人委託販売

  • 初期費用・月額利用料 … 無料
  • 本1冊の価格(ゆうパック) … 480円+送料600円=1,080円 +作者の任意価格
  • 本1冊の価格(ゆうパケット) … 480円+送料324円=804円 +作者の任意価格
  • 手数料なし

PP加工で+50円。紙の種類は選べない。
他の作者の本と一緒に購入できるシステムなので買う人によっては送料が安くなる。
実際利用した人のレビューが無く製本や印刷の品質は不明。

メディバンファクトリー ともシェア

  • 初期費用・月額利用料 … 無料
  • 本1冊の価格… 500円(送料込み)
  • 手数料なし

詳しくはこちら。
メディバンファクトリーでともシェアを使ってみた! | メディバンペイント(MediBang Paint)

作者に利益が発生しないタイプのオンデマンド販売。
コンビニのネットプリントに近い。
本さえ配布できれば収益は一切いらないという人向け。

メモ

  • 大体は基本利用料金が発生しない、最初に原稿データ登録する以外の手間がかからない、在庫が1冊も発生しないため売れなくても作者にデメリットは一切ない
  • 高くてもいいから買いたいという人向け 価格以外のデメリットはあまり無いように感じる
  • ちなみに自分で印刷所に20冊ぐらい本を作ってもらってBOOTHで販売すれば300円ぐらい+送料で販売できる
  • 作者の住所が買い手に知られる事がない
  • まだあまり流行ってないシステムなので二次創作同人誌を扱ってる所は少なそうです

一冊だけ本を印刷する

何度も使えるところ

製本直送.com

  • 240円 送料216円 合計456円

本文フルカラーにしても363円(合計579円)。送料の安さが嬉しい。
紙の種類がいくつか選べる。サイズB6以下、中綴じ、ラミネート加工無しにすると非常に安い(中綴じは最大48Pまで)
カラー印刷の品質はあまり良くないらしい。
サイズが小さいと安くなるので文庫サイズの小説や小さい漫画本に良いかもしれない。

メディバンファクトリー

  • 500円 送料無料(※本文フルカラーも同価格)

本文白黒だと70P、カラーだと30Pまで500円で固定で作れてお買い得。
それよりページ数が上がると急に高くなる。
まだ知名度が低めであまり使ってる人を見かけない。

OneBooks

  • 425円 送料1,000円 合計1,425円(※本文フルカラーも同価格)

一冊印刷で有名な所。
最近価格が100円上がったけどそれでも安い。ただし送料が高め。
カラーでも白黒でも料金が同じなので画集にも良さそう。
豊富なオプションも魅力。角丸やリング製本にも対応。
利用者が多いので実際に使った人のレビューが多いのは安心感がある。

ちょこっと(ちょ古っ都)製本工房

  • 830円 送料650円 合計1,480円

小説同人誌でよく使われる所。1冊だと高めだが冊数が多いとかなり安くなり、同人誌印刷所の中でも最安値に近い。
価格が安くて不安になるけど印刷の品質はそこまで悪くなさそう。
ただし一般向け印刷所のため18禁は避けたほうが良いらしいです。
こちらも利用者が多いのでレビューを探しやすい。

セブン‐イレブンマルチコピー機 小冊子プリント

  • 130円

いわゆるコピー本。
表紙が本文と同じ薄い紙になっても良いなら最安。
近くにセブンイレブンがあれば送料もかからない。
表紙だけ印刷してくれる印刷所もあるので、分厚い表紙が欲しい場合表紙だけそういった所に依頼する手もある(ただ1枚のみ印刷に利用すると割高になる)

一応ファミリーマート等のコンビニのプリンターにある「A4光沢紙フルカラー印刷(120円)」も厚みがあって表紙として使えるが印刷の質は良くないためあまりお勧めしない
A4光沢紙フルカラー印刷を表紙にしてコピー本を作ってみた例

1回のみ

オレンジ工房 試し刷り

  • 400円(送料込み)
印刷所の1冊試し刷りの中では安い方。
回数の制限は特に書かれてないけれど、試し刷り用に用意されたサービスなため何度も注文しないほうが無難と思われる。

pixivFACTORY1冊無料キャンペーン

  • 0円(※期間限定、数量限定)

1人1回、最大100Pまで。
BOOTHに本の原稿を登録する事が条件。非公開設定でも登録できるので販売したくなくても大丈夫。
期間限定だけどよく開催してるし制限数が埋まってるのを見た事はないです。

最低単位5個以下のアクリルキーホルダー制作会社(クリスタやSAIに優しい所重点)

CLIP STUDIOやSAIで原稿が描きやすい「カットライン無料依頼可能(もしくはフォトショップやイラストレーター以外のツールで作成可能)」「RGB原稿可」を中心に紹介。
価格と送料は2018年8月現在のもので今後変動する可能性があります

  • アクリルキーホルダーの価格は最低単位で注文した時の単価
  • ネコポスは送れる数の制限があるので注意
  • 透け対策をしている一部の会社(TRINITY等)以外の両面印刷は裏が透けやすいので注意(光を通した状態で飾るアクリルスタンドは目立つ。特に顔の裏側にはっきりした模様が来ないようにした方がいい)
  • キーホルダーをカバン等に付ける場合、印刷が削れないよう印刷保護オプションを付けると安心(会社によっては非対応)

最低単位1個

MYDOO

  • アクリルキーホルダー両面 5cm 390円 7cm 410円
  • 最低単位1個
  • 送料600円(ネコポス300円)

低年齢層・ライト層に人気のある有名所。
1個だけ作れて価格が安い。アクリルキーホルダー・スタンドに関してはおそらく送料を合わせて考えるとこの会社が一番安い。
印刷の質は価格相応といった感じ(近づいて見ないと気づかない範囲内)
ウッドやPVC等アクリル以外のグッズも豊富。ほとんどは1個から作れるがてぬぐいは30個から。
あらかじめ原稿作っておいて好みのチャームや台座キャンペーンが来た時印刷依頼するのもいいかも。
クレジットカード支払いは非対応。

Yousei株式会社

  • アクリルキーホルダー両面 5cm 500円 8cm 600円
  • 最低単位1個
  • 送料1,000円

印刷の質の評判が良い。
絵の一部に透明なグロスを乗せて立体感をつけるグロス盛りをやっている事で有名。
サイズの選択肢が少なく、5cmか8cm以外のサイズだと価格が高めになる。
でもグロス盛りやカラーアクリルといったほとんどのオプションに追加価格が発生しないのでオプション沢山付けたい人にはお得。逆にシンプルなキーホルダーが作りたい人は他の会社の方がいいかもしれない。
白版作成依頼は別料金。

小さい会社なのに無料キャンペーンで数多く注文を請け負いすぎて注文受付停止するなどまだ不安な所がある(2018/8現在)

pixivFACTORY

  • アクリルキーホルダー片面 5cm 850円 7cm 1,050円
  • 最低単位1個
  • 送料180円 (2個以上756円)

片面のみ、オプション無し。価格が安い所の倍ぐらい。ただし1個だけなら送料が安い。
品質の評判は良い。描いた絵を簡単にグッズ化してもらえるため価格を気にしなければ初心者向けかもしれない。

無料で利用できるグッズプレビューが使いやすくとても便利なのでこの会社を利用する予定のない人も使ってみるのをお勧め。アクリル系以外にも色んなグッズで使えます。

WAORI

  • アクリルキーホルダー両面 5cm 351円 7cm 369円
  • 最低単位1個
  • 送料800~1500円

ほぼMYDOOと同じ(関連会社ではないらしい)
価格はMYDOOより安いが印刷は少し荒め。
サイズや価格やストラップパーツまで本当にそっくりなので開催してるキャンペーンが好みかアクリルジオラマやゆらゆらアクリルフィギュアを作りたいのでなければ送料の安いMYDOOで良いと思います。
でもMYDOOと違いサイトが見やすくてクレジットカード対応して入稿時の原稿アップロードエラーが出ないのは使いやすい。

バンビアシスト

  • アクリルキーホルダー両面 8.5cm 550円
  • 最低単位1個
  • 送料600円(北海道・沖縄・離島2800円)

サイズ選択肢が8.5cmしかないため小さいサイズのキーホルダーは割高になってしまう。8.5cmに近い大きめサイズで作りたい人向け。
その代わり無料でオリジナルデザインの台紙が作れる。
手書きのメッセージが同梱されるのは好みが分かれそうな所(TRINITYの方でもつくらしい)

白版・カットライン作成依頼は別料金。

最低単位5個

TRINITY Fine-Art's Design

  • アクリルキーホルダー両面 5cm 400円 7cm 420円
  • 最低単位5個
  • 送料756円~(ネコポス378円)

とにかくオプションの数が多い。ここより多い所を知らない。
裏が透けにくい両面印刷が魅力。サイズを大きくしても価格があまり高くならない。

Yousei株式会社の逆で、オプション無しだと安くオプションを追加していくとかなり高くなる。
シンプルで安いキーホルダーを作りたい人か高くなってもいいから凝ったキーホルダーを作りたい人向け。

同人誌印刷所おたクラブ

  • アクリルキーホルダー両面 5cm 430円 7cm 730円
  • 最低単位5個
  • 送料500~1000円(レターパック5個まで360円)

粒子感が薄い印刷で有名。
テンプレートに同梱されてる制作解説PDFがとても丁寧で見やすい。
7cm以上のサイズは突然価格が跳ね上がるので6cm以下がお勧め。
カラーアクリルは片面印刷のみ対応。
アクリル系以外のグッズも豊富。紙や布系は店頭印刷できるものもある(通販より価格が少し安い)

最低単位5個(追加料金無しにする場合)

同人誌印刷・同人グッズなら、きょうゆう出版オンデマンド

  • アクリルキーホルダー両面 5cm 460円 7cm 476円
  • 最低単位1個
  • 送料650円~(2000円以上注文で送料無料)

片面でも両面でもあまり価格に差がない。全面プリント、中抜きカットライン等無料で追加できるオプションが多い。
2000円以上注文すると送料無料なのが嬉しい。
4個以下の場合、フォトショップやイラストレーターを持ってない人はカットラインパスが作れないため追加料金300円が発生する。

        

プロフィール

HN:
ueda
Webサイト:
自己紹介:
たまに絵描いたり動画作ったり素材配布したりしてる人。

ブログ内検索


PR