忍者ブログ

ueda用保管庫

Home > VOICEROID > ボイスロイド版結月ゆかりを歌わせる時の注意点

ボイスロイド版結月ゆかりを歌わせる時の注意点

KotonoSyncで誰でも簡単に歌わせられるようになったので書いてみました。

Q.ボーカロイド版あるのにわざわざボイスロイド版歌わせる意味なんてあるの?

A.ボーカロイド版とは声質が違うので意味ある。

プロ歌手のような力強さで歌うボカロ版と違って優しく話しかけるように歌ってくれます。
ボカロ版結月ゆかりにも純と凛と穏の三種類があるように、ゆかり音源のバリエーションの中の一つだと思うといいのかもしれない。

ただし歌わせる場合ハードルとなる部分がいくつかあるので注意。

高音出ない

皆さんご存知の通りゆかりさんは低音ボイスロイドなので、出せる音域はこれだけ。
ゆかりさんが出せるドレミファ音域.mp3

多分KotonoSyncで赤字(音高すぎ)や青字(音低すぎ)判定の出ない音域はB2~A#4辺りだと思う。
その上のB4がギリギリで届くか届かないかぐらい。

届いてるか…?これ。
個人的には届いてる判定を出したい。

最近の曲はサビが高音の曲が多いので、音域が足りない曲が非常に多い。
特にボーカロイドオリジナルのヒット曲は超高音率高いためデフォルトのままで歌える曲がほぼ存在しないと思った方が良い。

解決策1:音域の低い曲を選ぶ

がんばってさがそう。
わたしもがんばってます。
多分昔の曲や男性ボイス用の曲は歌わせられる率高いと思う。

解決策2:VocalShifter等を使いピッチ補正で音程を上げる

Ackie Sound トップページ
一部の音が音域足りないってだけならこれがお勧め。

  1. VocalShifterで音声ファイル(16bit以下のWAVE対応)を「女性ボーカル>MF:単音ボーカル用」で開く(他の設定でもいいかもしれない)
  2. 読み込んだ音声オブジェクトをダブルクリックし、左メニューのPITを選びピッチ補正編集モードにする
  3. KotonoSyncの赤字を参考にしたり上のメニューの曲操作アイコンから実際に音声を再生したりしつつ音程足りてない箇所を探す
  4. 上のメニューアイコンから「選択ツール」(鉛筆の左の点線四角)を選ぶ
  5. 音程が足りてない部分をドラッグ選択し、元曲の譜面と照らし合わせて正しい音程の位置まで持ち上げる
  6. 調整ミスしたらドラッグ選択後右クリックで「初期化」

オレンジの線が修正前、黄色の線が修正後。
やりにくい場合はペンツールや直線ツールやノート編集ツールの方を使ってみてください。
ちなみにvshpで保存しておくと後からピッチ補正ミスに気づいても再び修正する事ができるようになります。

「音程外れてるとこ探すのめんどい!」って人はボーカロイドかUTAUで正しい音程で歌わせたものを読み込んで重ねてみると視覚的にわかりやすい。
 

ちなみに二つの音声は同じサンプリング周波数にしないと読み込み失敗します。例えば最初に読み込んだ音声を44100HzのWAVEファイルにした場合、次に読み込ませるもう片方も同じく44100Hzに揃える必要があります。

解決策3:1オクターブ低く歌わせる

大体の曲はこれで解決すると思うが、当然元曲のボーカルより低い声になってしまうので違和感が出てくることもある。
KotonoSyncの場合「キー調整」の所にマイナス数値を入れるとその分音程が下げられる(多分-12を入れると1オクターブ分下がる)
これやってもまだ一部の音が微妙に音域足りなかったりするのがゆかりさん。

「んーーーーー」が「ん・ん・ん・ん・ん」になる

KotonoSyncの場合「ゆかりモード」にすると解決(別な文字に変換してくれるそうです)

声小さすぎ

そのまま曲とあわせると音に埋もれてほとんど聞こえなくなる。
音声加工系ツールには大体ついているノーマライズ等を使って音割れしないように気をつけつつ音量を上げてみましょう。

一番わかりやすくお手軽な方法。

  1. ボーカルが聞こえるぐらいインストを小さめに調整し、音量バランスをとる
  2. その状態のままWAVE出力
  3. SoundEngine等でWAVEを「ノーマライズ(正規化)」加工する
  4. 音割れしない範囲内で音量が上がる
あとは音圧高くしたりするといいんじゃないですかね!
その辺は前にかきました↓

・関連項目:ボイスロイドの声を大きくする

声がざらざらする

イコライザで5kHz以上の高音域を削ってやわらかくしよう。

↓削ってみたところ(フリー版REAPER付属のイコライザVST使用)

イコライザでやわらかくしたドレミファ.mp3

だいたい-10~20dBぐらいがいいんじゃないですかね。
深く削れば削るほどやわらかくなると同時にこもったぼやけた声になっていくのでお好みに応じで調整しましょう。リバーブかけるのもお勧め。

逆にハキハキクッキリ歌わせたいなら中音域~高音域のどこかを上げてしてみましょう。あんまりやるとノイズ目立っちゃいますけどね。

音量強すぎる音がある

ゆかりさんア行とかタ行とか強いよね…。
気になるならVocalShifterのダイナミクス(出力音量)編集モードでそこだけさげましょう。

使い方は最初に左メニューの「DYN」をクリックする以外上に書いたピッチ編集と同じ。
ついでに弱すぎる音をあげてみても良いでしょう。

もちろん他のツールでこういった部分的音量調整が出来るならそちらでも。

ノイズの強い音がある

多少のノイズならボイスロイド特有の味と思ってスルーしてもいいかもしれない。
どうしてもその一音だけ浮いてて聴いてて違和感強いなら直すのを検討してもいいかもしれない。

  • 話速を変えてみる
  • 音の長さを変えてみる
  • 可能だったら歌詞を変更してみる
  • 直前の音をいじってみる
  • 「ッ」を入れてみる(KotonoSyncの場合設定変更が必要)

手間がかかるけど確実なのは「一度綺麗に発声できる音階に変更してWAVE出力し、後からVocalShifterのピッチ調整で正しい音階に戻す」(ピッチ調整のやり方は上記参照)

高すぎず低すぎない音階にするとノイズが入らない率高いと思います。

まとめ

色々書きすぎてゆかりさんだけ異様に歌わせ難易度高いボイロに見えてしまうかもしれませんが、他のボイロにも共通して言える所もあるのでそんなに大きな差はないです。
声の高いボイロも音域足りない時は足りない。

ゆかりさんのリアルで素朴な歌声は適当にらららら言わせるだけでも癒されるので、みなさんぜひ歌わせてみてください。

コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ueda
Webサイト:
自己紹介:
たまに絵描いたり動画作ったり素材配布したりしてる人。

ブログ内検索


PR